ひとつの楽曲から書籍になり、そして様々なメディアに取り上げられた「あいうた」

親と子の感動の物語 あいうた (書籍+DVD)

親と子の愛情をテーマにした短編ストーリー集
「親と子の感動の物語 あいうた」(書籍+DVD)を制作・出版しました。

私達は、音楽、映像を制作している会社ですが、
なぜ、このような書籍を出版することになったのか?
 
 それにはこのような経緯があります。

 

親と子の感動の物語 あいうたこの本が制作されたきっかけは、2011年3月11日に起きた東日本大震災に起因します。
 
未曾有の大震災にみまわれた東北地方へ、世界中から心のこもった応援、支援、が送られていました。
 
そんな中、とある復興応援映像の企画で
「映像中にオリジナルの歌を盛り込む」
というコンセプトのコンテンツがありました。
 
既に著名なアーティスト達が、復興応援ソングを制作発表していましたが、それは、「命を奪われずにすんだ被災者の方々へ向けての応援歌」が大半を占めていました。
 

それならば我々は、亡くなった被災者の方々へ、愛の祈りの鎮魂の歌を贈ろうということで楽曲制作することにしました。
そして出来上がったのが「あいうた」という楽曲です。
 
 
この曲「あいうた」は、CDやDVDにして被災地で無料配布しました。
(DVDにはイメージ映像として、月夜に月明かりを海に反射させながら沈んでいくまでの様子をタイムラプス撮影したものを付けました。)
 
この映像はYouTubeにも公開され人気を博し、今尚、視聴され続けています。

 
あいうた 唄 上間綾乃

そして、この曲を聴きコンセプト、テーマに共感し心動かされたサンクチュアリ出版の担当者が
 
「この曲をもとにした書籍を制作しましょう!」
「DVDもつけて楽曲も映像も届けましょう!」
 
となり、書籍の制作が始まり、
全国から「親と子の絆の愛の物語」が募集されることになります。
 
みんなの思いに呼応するかのように、
想像を遥かに超えた数のエピソードが寄せられ、
中から25篇のエピソードが選ばれ、書籍「親と子の感動の物語 あいうた」が出版されました。
 
この、書籍「親と子の感動の物語 あいうた」もまた、被災地で無料配布しました。
 
これらがきっかけで「あいうた」は動き出します。
様々なメディアから注目され、取り上げられることとなりました。

書籍に掲載された短編ストーリーの中から2篇ご覧いただけます。
〜エピソード19〜「親の思い」
~エピソード22~「似顔絵」

制作秘話も満載のあいうた特設サイトはこちら
あいうた特設サイト

Amazon
「親と子の感動の物語 あいうた」(DVD付書籍)

Other Works